読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備考欄に感想を書くタイプのエンジニア

それで出世が遅れ(ry

coexistence-configuration の PSsnap-in を追加すると何ができるようになるのか

PowerShell から手動で Office 365 とディレクトリ同期を行うときに Add-PSsnapin coexistence-configuration を実行してから Start-OnlineCoexistenceSync を実行するというのは検索すればすぐに出てくるので新しい話ではないのですが、ちょっと待て、と。よく考えてみると Start-OnlineCoexistenceSync だけを実行するために PSsnap-in を落としてくるのはちょっと非効率すぎないかと思って、中身を見てみました。

Get-Command -Module Coexistence-Configuration | ft CommandType,Name -AutoSize 


CommandType Name                                
----------- ----                             
Cmdlet      Disable-DirSyncLog                    
Cmdlet      Disable-MSOnlinePasswordSync      
Cmdlet      Disable-MSOnlineRichCoexistence    
Cmdlet      Disable-PasswordSyncLog       
Cmdlet      Enable-DirSyncLog          
Cmdlet      Enable-MSOnlinePasswordSync  
Cmdlet      Enable-MSOnlineRichCoexistence   
Cmdlet      Enable-PasswordSyncLog    
Cmdlet      Get-CoexistenceConfiguration     
Cmdlet      Get-DirSyncLogStatus    
Cmdlet      Get-PasswordSyncLogStatus   
Cmdlet      Set-CoexistenceConfiguration   
Cmdlet      Set-CompanyDirSyncFeatures  
Cmdlet      Set-FullPasswordSync                  
Cmdlet      Start-OnlineCoexistenceSync           
Cmdlet      Update-MSOLDirSyncNetworkProxySetting

他にもたくさんありますねw 上で列挙されたコマンドの名前を見るとだいたい何をするためのコマンドかわかりますが、coexistence-configuration スナップインを追加することで Windows Azure Active Directory ディレクトリ同期ツールの構成ウィザードで設定する内容を PowerShell で実行するための(本当はツールが裏で PS を実行しているだけだと思いますが)コマンド各種が実行可能になるようです。詳細は後述で Get-Help -Detailed した内容を貼付けておくので興味があれば見てみてください(ところでこれらのコマンドがなぜ公式で一切情報提供されてないんでしょうか…)。


Enable-MSOnlineRichCoexistence って何かと思ったのですがおそらく構成ウィザードにおける [混合環境を有効にする] で、Azure -> On-Premise の方向での同期の権限付与とかそういう動作のためのコマンドみたいです。

こんな KB 出てました→ Attributes for Exchange Online aren't written back to the on-premises Active Directory directory service in an Exchange hybrid deployment

あと、Update-MSOLDirSyncNetworkProxySettingError message when you run the Directory Sync tool Configuration Wizard: "Your credentials could not be authenticated" という KB が出ていることから察するに、構成ウィザードでは WinHTTP のプロキシの設定を拾ってくれる一方 PowerShell の場合は明示的にこのコマンドでプロキシの設定を拾わないとだめな感じでしょうか。

名前
    Disable-DirSyncLog
   
概要
    This commandlet is used to disable logging for the Azure Active Directory Sync tool.
   
構文
    Disable-DirSyncLog [<CommonParameters>]
   
説明
    This commandlet is used to disable logging for the Azure Active Directory Sync tool.
   
パラメーター
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters
        (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216) を参照してください。
   
    --------------  Example  --------------
   
    C:\PS>Disable-DirSyncLog
   
注釈
    例を参照するには、次のように入力してください: "get-help Disable-DirSyncLog -examples".
    詳細を参照するには、次のように入力してください: "get-help Disable-DirSyncLog -detailed".
    技術情報を参照するには、次のように入力してください: "get-help Disable-DirSyncLog -full".
 
 
 
名前
    Disable-MSOnlinePasswordSync
   
構文
    Disable-MSOnlinePasswordSync -Credential <pscredential> [-WhatIf] [-Confirm]  [<CommonParameters>]
   
パラメーター
    -Confirm
   
    -Credential <pscredential>
   
    -WhatIf
   
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters
        (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216) を参照してください。
   
エイリアス
    なし
   
注釈
    なし
 

 
名前
    Disable-MSOnlineRichCoexistence
   
構文
    Disable-MSOnlineRichCoexistence -Credential <pscredential> [-WhatIf] [-Confirm]  [<CommonParameters>]
   
パラメーター
    -Confirm
   
    -Credential <pscredential>
   
    -WhatIf
   
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters
        (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216) を参照してください。
   
エイリアス
    なし
   
注釈
    なし
 
 
 
名前
    Disable-PasswordSyncLog
   
概要
    This commandlet is used to disable logging for the Password Sync feature of the Azure Active Directory Sync tool.
       
構文
    Disable-PasswordSyncLog [<CommonParameters>]
       
説明
    This commandlet is used to disable logging for the Password Sync feature of the Azure Active Directory Sync tool.
 
パラメーター
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters
        (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216) を参照してください。
   
    --------------  Example  --------------
   
    C:\PS>Disable-PasswordSyncLog
   
注釈
    例を参照するには、次のように入力してください: "get-help Disable-PasswordSyncLog -examples".
    詳細を参照するには、次のように入力してください: "get-help Disable-PasswordSyncLog -detailed".
    技術情報を参照するには、次のように入力してください: "get-help Disable-PasswordSyncLog -full".
 
 
 
名前
    Enable-DirSyncLog
   
概要
    This commandlet is used to configure the logging level for the Azure Active Directory Sync tool.
    
構文
    Enable-DirSyncLog [-FilePath <String>] [-TraceLevel <String>] [<CommonParameters>]
      
説明
    This commandlet is used to configure the logging level for the Azure Active Directory Sync tool.
 
パラメーター
    -FilePath <String>
        Specifies the location in the files system where the log file should be written to.  If not speci
        fied, defaults to the location where the Directory Sync tool is installed.
       
    -TraceLevel <String>
        Specifies the level to configure the Directory Sync tool to log at.  Valid options are: “Error”,
        “Warning”, “Info”, “Verbose”. If not specified, defaults to “Verbose”.
        
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters
        (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216) を参照してください。
   
    --------------  Example  --------------
   
    C:\PS>Enable-DirSyncLog -TraceLevel Info -FilePath C:\DirSync.log
    
注釈
    例を参照するには、次のように入力してください: "get-help Enable-DirSyncLog -examples".
    詳細を参照するには、次のように入力してください: "get-help Enable-DirSyncLog -detailed".
    技術情報を参照するには、次のように入力してください: "get-help Enable-DirSyncLog -full".
 
 
 
 
名前
    Enable-MSOnlinePasswordSync
   
構文
    Enable-MSOnlinePasswordSync -Credential <pscredential> [-WhatIf] [-Confirm]  [<CommonParameters>]
    
パラメーター
    -Confirm
   
    -Credential <pscredential>
   
    -WhatIf
   
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters
        (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216) を参照してください。
   
 エイリアス
    なし

注釈
    なし
 
 
 
 
名前
    Enable-MSOnlineRichCoexistence
   
構文
    Enable-MSOnlineRichCoexistence -Credential <pscredential> [-WhatIf] [-Confirm]  [<CommonParameters>]
   
パラメーター
    -Confirm
   
    -Credential <pscredential>
   
    -WhatIf
   
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters
        (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216) を参照してください。
   
エイリアス
    なし
   
注釈
    なし
 
 
 
 
名前
    Enable-PasswordSyncLog
   
概要
    This commandlet is used to configure the logging level for the Password Sync feature of the Azure Active Directory Sync tool.
   
構文
    Enable-PasswordSyncLog [-FilePath <String>] [-TraceLevel <String>] [<CommonParameters>]
   
説明
    This commandlet is used to configure the logging level for the Password Sync feature of the Azure Active Directory Sync tool.
 
パラメーター
    -FilePath <String>
        Specifies the location in the files system where the log file should be written to.  If not speci
        fied, defaults to the location where the Directory Sync tool is installed.
       
    -TraceLevel <String>
        Specifies the level to configure the Directory Sync tool to log at.  Valid options are: “Error”, “Warning”, “Info”, “Verbose”.  If not specified, defaults to 'Verbose'.
       
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters
        (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216) を参照してください。
   
    --------------  Example  --------------
   
    C:\PS>Enable-PasswordSyncLog -TraceLevel Info -FilePath C:\PasswordSync.log
   
注釈
    例を参照するには、次のように入力してください: "get-help Enable-PasswordSyncLog -examples".
    詳細を参照するには、次のように入力してください: "get-help Enable-PasswordSyncLog -detailed".
    技術情報を参照するには、次のように入力してください: "get-help Enable-PasswordSyncLog -full".
 
 
 
 
名前
    Get-CoexistenceConfiguration
   
概要
    Gets a configuration information from the Microsoft Online Coexistence Web Server   
    
構文
    Get-CoexistenceConfiguration -TargetCredentials <PSCredential> [<CommonParameters>]
    
説明
    Gets a configuration information from the Microsoft Online Coexistence Web Server
 
パラメーター
    -TargetCredentials <PSCredential>
        Administrative credentials for a company in Microsoft Online.
       
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters
        (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216) を参照してください。
   
    --------------  Get Configuration --------------
   
    C:\PS>$cnfg = Get-CoexistenceConfiguration
   
    Gets a configuration object from the Microsoft Online Web Service    
    
注釈
    例を参照するには、次のように入力してください: "get-help Get-CoexistenceConfiguration -examples".
    詳細を参照するには、次のように入力してください: "get-help Get-CoexistenceConfiguration -detailed".
    技術情報を参照するには、次のように入力してください: "get-help Get-CoexistenceConfiguration -full".
 
 
 
 
名前
    Get-DirSyncLogStatus
   
概要
    This commandlet is used to retrieve the current logging level for the Azure Active Directory Sync tool.
    
構文
    Get-DirSyncLogStatus [<CommonParameters>]
    
説明
    This commandlet is used to retrieve the current logging level for the Azure Active Directory Sync tool.  
 
パラメーター
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters
        (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216) を参照してください。
   
    --------------  Example  --------------
    
    C:\PS>Get-DirSyncLogStatus
      
注釈
    例を参照するには、次のように入力してください: "get-help Get-DirSyncLogStatus -examples".
    詳細を参照するには、次のように入力してください: "get-help Get-DirSyncLogStatus -detailed".
    技術情報を参照するには、次のように入力してください: "get-help Get-DirSyncLogStatus -full".
 
 
 
 
名前
    Get-PasswordSyncLogStatus
   
概要
    This commandlet is used to retrieve the current logging level for the Password Sync feature of the Azure Active Directory Sync tool.
    
構文
    Get-PasswordSyncLogStatus [<CommonParameters>]
   
説明
    This commandlet is used to retrieve the current logging level for the Password Sync feature of the Azure Active Directory Sync tool.
 
パラメーター
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters
        (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216) を参照してください。
   
    --------------  Example  --------------
   
    C:\PS>Get-PasswordSyncLogStatus
   
注釈
    例を参照するには、次のように入力してください: "get-help Get-PasswordSyncLogStatus -examples".
    詳細を参照するには、次のように入力してください: "get-help Get-PasswordSyncLogStatus -detailed".
    技術情報を参照するには、次のように入力してください: "get-help Get-PasswordSyncLogStatus -full".
 
 
 
 
名前
    Set-CoexistenceConfiguration
   
概要
    Configures Microsoft Online Directory Synchronization Tool.
 
構文
    Set-CoexistenceConfiguration -SourceCredentials <PSCredential> -TargetCredentials <PSCredential> [-Config] <CoexistenceConfiguration> [-Path <String>] [-WhatIf] [-Confirm] [<CommonParameters>]
     
説明
    Configures Microsoft Online Directory Synchronization Tool.
 
パラメーター
    -SourceCredentials <PSCredential>
        Enterprise Admin credentials for the forest that will be sent up to Microsoft Online.  These credentials are used to create an account in Active Directory that has the minimum required permissions to read from Active Directory.
       
    -TargetCredentials <PSCredential>
        Administrative credentials for a company in Microsoft Online.
       
    -Config <CoexistenceConfiguration>
        Configuration object returned from Get-CoexistenceConfiguration
       
    -Path <String>
        The directory which contains XML that defines the default management agents and the metaverse schema.
       
    -WhatIf
       
        
    -Confirm
       
        
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters
        (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216) を参照してください。
   
    --------------  Configuration --------------
   
    C:\PS>$cnfg = Get-CoexistenceConfiguration
    Set-CoexistenceConfiguration $cnfg
   
    Configures Microsoft Online Directory Synchronization.
   
 注釈
    例を参照するには、次のように入力してください: "get-help Set-CoexistenceConfiguration -examples".
    詳細を参照するには、次のように入力してください: "get-help Set-CoexistenceConfiguration -detailed".
    技術情報を参照するには、次のように入力してください: "get-help Set-CoexistenceConfiguration -full".
 
 
 
 
名前
    Set-CompanyDirSyncFeatures
   
構文
    Set-CompanyDirSyncFeatures -TargetCredentials <pscredential> -FeaturesFlag <int>  [<CommonParameters>
    ]
    
パラメーター
    -FeaturesFlag <int>
   
    -TargetCredentials <pscredential>
   
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters
        (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216) を参照してください。
 
エイリアス
    なし
  
注釈
    なし
 
 
 
 
名前
    Set-FullPasswordSync
   
概要
    Resets the password sync state information forcing a full sync the next time the service is restarted.  
    
構文
    Set-FullPasswordSync [<CommonParameters>]
    
説明
    Resets the password sync state information forcing a full sync the next time the service is restarted.   
 
パラメーター
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters
        (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216) を参照してください。
   
    --------------  Set FullPasswordSync --------------
   
    C:\PS>Set-FullPasswordSync
   
    Resets the password sync state information forcing a full sync the next time the service is restarted.   
    
注釈
    例を参照するには、次のように入力してください: "get-help Set-FullPasswordSync -examples".
    詳細を参照するには、次のように入力してください: "get-help Set-FullPasswordSync -detailed".
    技術情報を参照するには、次のように入力してください: "get-help Set-FullPasswordSync -full".
 
 
 
 
名前
    Start-OnlineCoexistenceSync
   
概要
    Starts synchronization with Microsoft Online
   
構文
    Start-OnlineCoexistenceSync [-FullSync] [-WhatIf] [-Confirm] [<CommonParameters>]
    
説明
    Starts synchronization with Microsoft Online
   
パラメーター
    -FullSync
        Performs a full sync with Microsoft Online.
       
    -WhatIf
       
        
    -Confirm
       
        
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters
        (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216) を参照してください。
   
    --------------  Start Sync --------------
   
    C:\PS>Start-OnlineCoexistenceSync
   
    Starts a directory sync with Microsoft Online.
   
    
    
    -----------  Start Full Sync ------------
   
    C:\PS>Start-OnlineCoexistenceSync -FullSync
   
    Performs a full sync with Microsoft Online.
   
注釈
    例を参照するには、次のように入力してください: "get-help Start-OnlineCoexistenceSync -examples".
    詳細を参照するには、次のように入力してください: "get-help Start-OnlineCoexistenceSync -detailed".
    技術情報を参照するには、次のように入力してください: "get-help Start-OnlineCoexistenceSync -full".
 
 
 
 
名前
    Update-MSOLDirSyncNetworkProxySetting
   
概要
    Updates the directory sync service to use the current user's http proxy settings.
   
構文
    Update-MSOLDirSyncNetworkProxySetting [[-NoProxyUpdate]] [-WhatIf] [-Confirm] [<CommonParameters>]
    
説明
    Copies the current user's http proxy settings off to a .config file.  The directory sync will apply these settings each time it communicates with the directory sync web service
   
パラメーター
    -NoProxyUpdate
        Causes directory sync to ignore the http proxy settings that were saved in a .config file.
       
    -WhatIf
       
        
    -Confirm
       
        
    <CommonParameters>
        このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、
        Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、
        OutBuffer、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters
        (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=113216) を参照してください。
   
    --------------  EXAMPLE 1 --------------
   
    C:\PS>Update-MSOLDirSyncNetworkProxySetting
   
    Updates the http proxy settings that directory sync will use
   
    
    
    
    --------------  EXAMPLE 2 --------------
   
    C:\PS>Update-MSOLDirSyncNetworkProxySetting -NoProxyUpdate
   
    Disables the automatic application of current user setting to the directory sync service.
   
    
注釈
    例を参照するには、次のように入力してください: "get-help Update-MSOLDirSyncNetworkProxySetting -examples".
    詳細を参照するには、次のように入力してください: "get-help Update-MSOLDirSyncNetworkProxySetting -detailed".
    技術情報を参照するには、次のように入力してください: "get-help Update-MSOLDirSyncNetworkProxySetting -full".
    オンライン ヘルプを参照するには、次のように入力してください: "get-help Update-MSOLDirSyncNetworkProxySetting -online"